· 

カルマ。 蜂にさされて思うこと...

 

去年は、人生初のムカデに刺され

今年は、蜂に刺され。。。

 

いつも、蜂がいても気にしてなかった。こんな山の中に住んでいても...

これからは、気をつけようと心の奥底から思う。

この決意に似た気持ちがまたアハンカーラ、これが私とゆう意識を作り、私たらしめてしまうのか...

と、思う。と...

 

なんのカルマなの?

カルマは行動することでした解消されない、それはヴァガヴァットギータにも書いてある。

今回刺されたことで、またひとつ何かが解消された。けれど、そこから

蜂=恐怖

の方程式を作り上げたら、また新たなカルマが生まれるね..

 

今は、ひたすら痛みを研究しよう...
この皮膚一枚下の触覚とゆう感覚器官を確認するチャンスだ.

どのように症状が広がり、経過を観察する。

そうすると、また新たな世界が見えてくる。

痛いけど...そこに悲しみを乗っけない。

 

痛みから解放されたいがために、一人キールタンしてみたら

意識は痛みから歌うことへと流れ、すっかりいい気分になってしまった。

そうやって感覚って意外とあやふやなもんだったと思いだす。
普段、頼りにしている感覚...確かなこともあれば、感情など誤魔化され不確かなものでもある。

感情と感覚を切り離し、整理して過ごしてみると

意外とあっさり解放される。

 

あとは、良くなるだけだしね!

ふーう。ここまでくるのに丸一日かかりました〜
こんな日もある、、うん、あるね。

 

hari om  tat  sat