KENGO NOMURA 音ヨガ WS 2016/9/24

 

音ヨガのKENGO先生による1day WSが開催決定しました!

 

スケジュールと内容

 

13:00〜 

1部2.5時間(座学、テキストが配布されます 筆記用具、ノートなどが必要です)

 

〜自律神経の働きを意識したヨガ〜
ヨガをしていて身体にとっても、心にとっても心地の良い動きとは一体どんな動きでしょう。  
ヨガが自律神経の働きを整える働きがあるとは聞いたことはあるけ
実際に身体にどのような働きで自律神経系に作用するのか?
身体の状態はもちろん、自分を取り巻く環境や心理的な要素にも大きく関係する自律神経。
解剖学で身体の構造を学ぶ事がアサナを理解する上で重要であるのと同じように、
自律神経の働きを理解する事でより心と身体の繋がりを意識するようなヨガの練習ができるようになります。
呼吸器、循環器、消化器、24時間働き続け、身体の様々な器官に作用する自律神経が身体でどのような働きをしているか触れてみましょう。
ホルモン、免疫、自律神経。このトライアングルがいかに身体の中で大事な役割を果たしているのか。
自律神経の働きを意識するポイントをヨガに取り入れ、より深いこころの安定感を感じてみましょう。
16:00〜
2部2時間
(動くクラス 30分以上の長いシャバアサナですブランケットやアイピローをお持ちください)
〜音ヨガ(音の波の中で感じる静かな時間)〜
ゆったりとした音楽は自律神経を整える重要な環境条件です。
お寺で鐘の音を聞いて心がスッと静まるという経験。きっと日本人なら
誰でもあると思います。
このクラスではアルケミークリスタルボールとう振動性の楽器の生演奏
で気持ちのよい音の波で皆さんと会場を包み込みます。
鼓膜では拾いきれないほど精妙な波長の音は細胞レベルで振動し、心身
がゆるみ血流の流れが良くなります。
ヨガ、呼吸法の後の演奏は見る、聞くというよりは音の波に浸るという
感覚です。長めのシャバアサナ(瞑想)では、多くの人が
意識と無意識の狭間で漂う心地よい揺らぎを感じます。心身がリラック
スしている時にでる脳波α波が出ます。
ストレス軽減、身体的疲労物質の抑制などの効果があります。
子供が遊びに夢中になっている時もα波が出ているというのは興味深い
ですね。最近子供が遊びに夢中になるくらい、頭がカラになった事はあ
りますか?とにもかくにも体験してみましょう!

 

KENGO NOMURA プロフィール

活発な幼少期は野球やサッカーなどをして過ごす
17歳の頃スケートボードに熱中し、サンフランシスコに留学してスケートボードに明け暮れる
ヒザの怪我を機にやむなくスケートボードから少し離れ、ルームメイトがヨガをしているのを初めて目にしてヨガに興味を持ち始め練習をスタートさせる
東京ヨガジャヤでフルタイムティチャーとして招かれる。

解剖学的知見からの緻密な練習方法と自由で創造性豊かなビンヤサヨガ(動きと呼吸の連動したスタイル)をベースに意識の変化の様相を表現した”動的瞑想”という独自のスタイルを提唱する
ストリートブランドLUZ e SOMBRAのアンバサダー

ヨガで感じる頭の中の静けさを”音”で表現する『音YOGA』を鎌倉で主宰。
近年はヨガだけでなく、解剖生理学、東洋医学、鍼灸学まで見識を広げ、
老若男女の五臓六腑に響きわたる楽しくて、気持ちいいヨガには定評がある。

http://www.quiettime.jp